FC2ブログ

レゴ鉄のBLOG 

Hier steckt Zukunft drin... 

欧州旅行記2日目(上) ICE3でフライブルクへ(Freiburg im Breisgau)

最近あまり調子よくないのと、課題に追われているので停滞気味です...。
さて、まだ2日目ですが、香港からフランクフルト、そしてICEでフライブルクへ向かいます。
相変わらず写真は多めですw


th_P3240744.jpg


フランクフルト空港・長距離列車用の駅
ガラス張りで美しい。電灯は点いておらず、自然光で。

th_P3240743.jpg
乗車する列車は09:53発 ICE103 バーゼルSBBゆき(Basel SBB)
まだ発車票には載っていない。

th_P3240745.jpg
16両編成で来る予定だったが...(詳細後述)

th_P3240746.jpg
Frankfurt am Main Flughafen Fernbahnhof
長距離列車駅の駅名票。

th_P3240749.jpg
おしゃれなゴミ箱 

th_P3240747.jpg
th_P3240751.jpg
しばらく来る列車を眺めていた

th_P3240748.jpg
当初、55分遅れであることが案内された。
放送が基本的にドイツ語で、英語でも案内するが音量が小さくて聞き取れない為、
何を言っているのか分からなかった。
でも大体欧州ではアナウンス≒異常事態だから、遅れてるのは何となくわかった。

窓口に行って他に速い列車はあるか聞いたが、待つのが一番速いと言われた。(ついでに遅延理由も聞けば良かった...)
このとき、1.Klasse(1等)と書かれている窓口で聞いたが、割と親切な対応だった。
ドイツ鉄道(DB)の窓口に行く際は、"1.Klasse"と書かれている窓口をお勧めする。
大概空いているし、対応が良い。
今のところ、ドイツ鉄道で邪見に扱われたことはないが...

列車が早く来る可能性もあるから、少しコンコースをぶらついてから、
プラットホームでぼーっとしていた。
ドイツ語がわからないから、案内があるたびに乗客の表情を観察していた。
当該列車の遅れに最初に気づいた時は、
不良っぽい兄ちゃんの「マジかよ」って顔を見た時だった。
何かあった時の人間観察は有効だと悟った。

数十分経ち、放送があると、みんなゾロゾロと前方へ...
これは列車が前に止まるのかなと、一緒についていったが...

th_P3240755.jpg
案の定、ICE3が8両編成で 前寄りに停車。残り8両はどうした?? (このとき45分遅れ)
この日は8両だったのか、併結できなかったのかはわからないが、編成表は16両だったのは間違いない。
まぁ、そんなことはどうでもよい。
初のICE3を堪能しようじゃないか。


th_P3240757.jpg
th_P3240758.jpg
※2等車です 

この落ち着いた空間をどう描写したら良いだろうか。
間接照明がいい具合に薄暗く、未だかつてないくらい居心地が良かった。
昨年乗ったICE1も良かったが、快適さは軽く2段階くらい上をいっている。

テーブル席に座った。
ICEのテーブルはかなり広く、開放的でお気に入りである。
勉強も作業も何でもできる。やろうと思えばレゴも広げられると思う。

th_P3240759.jpg
時々速度が表示される。
ガラスで仕切ってあるのはカッコいいね。

th_P3240765.jpg
ドア横のLCD。
この列車はケルン中央駅(Köln Hbf)から高速新線(NBS)を経由して来ている。
フランクフルト空港を出ると、次はマンハイム中央駅(Mannheim Hbf)。
ハイデルベルク/シュツットガルト(Heidelberg/Stuttgart)方面の乗換駅である。
ここでたくさんの人が降りて、ガラガラになった。

マンハイム中央を出ると途中、カールスルーエ中央(Karlsruhe Hbf), オッフェンブルク(Offenburg)の順に止まる。

th_P3240761.jpg
th_P3240773.jpg
ぶれていて申し訳ない、この車両はSiemens以外にAlstom・ADtranzとの共同で作ったようだ。

th_P3240768.jpg
th_P3240774.jpg
th_P3240777.jpg
旅の最大の楽しみである、食堂車BordBistroへ。
半室2等席だが、実質Restaurantと変わらない。

昨年から気になっていた、チョコレートケーキを頼んでみたが...

th_P3240770.jpg
デカイ!!思っていたより2倍くらいの大きさだった。
マグカップ1杯のコーヒーとセットで6EUR
最高の一時だった。

th_P3240806.jpg
th_P3240810.jpg
ビストロ。

th_P3240812.jpg
th_P3240776.jpg
th_P3240779.jpg
th_P3240766.jpg


th_P3240783.jpg
1等の個室。革張り仕様。
(一人旅開始後、ケルンからアムステルダムに行く時に利用。後日紹介します。乞うご期待)

th_P3240787.jpg
1等開放客室。広々としている。パイロットとCAらしき人が数人座っていた。

そして、展望席へ。

th_P3240785.jpg
th_P3240789.jpg
液晶の仕切りは作動しておらず、前方がクリアに見えた。
ふとよく見ると日本では絶対にあり得ない光景が。

th_P3240789_201406222200528c2.jpg
th_P3240790.jpg
th_P3240794.jpg
コーヒー飲みながら運転してるwwww
日本だったら速攻ニュースだわな
トイレに行きたくならないのか心配。
つかこぼしたらやばいやろwww
ブレーキレバーの隣やしww

th_P3240797.jpg
ここまでクリアに見えたのは最初で最後だった...

th_P3240817.jpg
まもなく、フライブルク。

th_P3240816.jpg
ドアは全て半自動。

th_P3240819.jpg
到着。結局40分遅れで到着。約1時間半の旅だった。
うしろは連結器むきだし。やっぱり併結できなかったのか?

th_P3240826.jpg

次回は後半、フライブルク駅で列車の撮影、駅周辺施設、泊まったホテルなど。
2日目(下)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

2等車が新幹線のグリーン車くらい立派に見えます。
車内のあちこちの仕切りや荷棚などガラスだらけなのが新鮮です。
運転席の写真も、貴重な資料ですよね。外からだと大きな窓なのに、運転席からだと鼻先のほんの少しだけが窓で、残りのほとんどは天窓なんですね。

Re: タイトルなし

薬師山さん
> グリーン車くらい立派に見えます。
そうなんです!!! 快適さはN700系のグリーン並みです。
ICEは2等も1等も照明は同じなんです。
しかしこのICEになれてしまうと、新幹線のグリーンに乗る気がますます失せます。
アムステルダムに向かう時の1等の話もいずれしますが、
サービス面においても、新幹線のグリーンは割りに合いませんね。(グランクラスは知りません...)

> ガラスだらけなのが新鮮です。
そうですね、特に客室とデッキの仕切りがガラスなのは本当に恰好いいです。

>残りのほとんどは天窓なんですね。
天窓なのでしょうか、あのギザギザになっているのは日除けのようです。
あれを上げ下げして調節していました。
しかし、高速列車の前面展望は最高です。

  • 2014/06/28(土) 16:25:40 |
  • URL |
  • mazta-k(マツタケ)  #-
  • [ 編集 ]

DBの余裕感じます

 感想が食い物ばかりで恐縮ですが、チョコケーキがえらく美味しそうです。
 1000円弱で美味しいケーキとコーヒーのセットが、陶製の皿とカップで出てくるなんて物凄い贅沢ですよね。この余裕があるのがDBへ羨望を感じるところですよ。

>間接照明がいい具合に薄暗く
 ああ、日本には未だにないセンス。
 新幹線だとグリーン車は電球色・普通車は昼光色で差別化してるケース見ますが、あんなセコい差別化やめれ(普通車も電球色にしろよなコスト同じなんだから)。

 間接照明は阪急が9000/9300で行ったものの、1000/1300じゃ直接照明に逆戻り。

 向かい合わせ+テーブル席も良い感じ。
 日本だとたまにこの種の席を実験的に設けても、どちらかというとハズレ席扱いされる傾向あり。文化の差異なんでしょうか。


 なお、欧州すべてが良いってわけじゃなくて、TGVは悪い意味で日本的(苦笑)。TGVの一等乗ると、新幹線グリーンが恋しくなります(爆)。
※TGV-Aのセミコンパートメントだけは立派ですが。自分のったのは幸いにもセミコンでした。でも覗きこんだノーマル1等はショボかった。2等は語るまでもなく。


 運転中のコーヒーは問題ないでしょうね。
 日本でやたら口うるさく乗務中の態度指摘するクレーマー的客が居ますけど、そ~いうバカこそが労働環境を息苦しくして安全性をも損ねてるって自覚あるんでしょうか?

 ちなみにアメリカじゃパン食ってタバコ吸ってる(客席は全禁煙)近郊電車の電車運転士見かけたことあります(しかも女性)。でも、その鉄道会社はファンの行為に偉く理解のある事業者なので文句いう気に全くなりませんでした(電車降りて写真撮ってたら、「未だ乗ってくの?」とかちゃんと聞いてくれたり。乗務員室あけて撮影してても黙認してくれたり)。
 きっちりしててても、ファンに邪険な事業者(Amtrak、てめーのことだよ!)よりはずっと良いですって。

 旅行記の続き楽しみです。

  • 2014/07/02(水) 03:41:00 |
  • URL |
  • 関山 #KWOxclv.
  • [ 編集 ]

Re: DBの余裕感じます

> えらく美味しそうです。
> 陶製の皿とカップで出てくるなんて物凄い贅沢ですよね。
すごく美味しかったですよ。ボリューミーですし。
ちょっと女性には量が多いですね。半分でも十分だと思います。
さらに陶製の皿とカップでサーブされるのは、確かに余裕を感じますが、
今振り返れば、ゴミが出ないからというのもあるかもしれません。
環境先進国ですし。


> あんなセコい差別化やめれ(普通車も電球色にしろよなコスト同じなんだから)。
N700なら普通席でも電球色っぽくなって快適にはなりましたけどね...
それよりグリーンはもっと付加価値を付けてほしいですね。
まぁ某会社はそんなことしなくても十分儲かっているから、するわけがないんですがwww
そもそも、既にお試し乗車したので今後乗る気は更々ないですねw

> 向かい合わせ+テーブル席も良い感じ。
> 日本だとたまにこの種の席を実験的に設けても、どちらかというとハズレ席扱いされる傾向あり。文化の差異なんでしょうか。
向かい合わせは、日本ならシャイ?な国民性から、顔を合わせたいとは思わないでしょうね...

>  運転中のコーヒーは問題ないでしょうね。
>  クレーマー的客こそが労働環境を息苦しくして安全性をも損ねてる
たしかに、日本の鉄道の労働環境は厳し過ぎる印象が...。


  • 2014/07/05(土) 19:06:16 |
  • URL |
  • mazta-k(マツタケ)  #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maztak.blog.fc2.com/tb.php/105-06b14ceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ