FC2ブログ

レゴ鉄のBLOG 

Hier steckt Zukunft drin... 

9Vライトのポテンシャル検証/683系4000番台がT52編成に。

一時的に預かっているメトロライナーを開けてみたら、9Vライトを発見。
「これ変換ケーブルで繋げてIRレシーバー介して電源繋げば、PFライトみたいに光るんじゃないか」

th_IMG_0300.jpg
そう思って繋げてみると、見事に点灯!
「ちゃんと明るさも調節できるではないか。」

「9Vライトをサンダーバードの下の前照灯に入れて、上の前照灯はLEDのままにしておけば、T52編成※ができるんじゃないか」

※サンダーバードの前照灯は上下とも電球色だが、T52編成だけは上部ライトがHIDになっている。
参照

th_IMG_0367.jpg
th_IMG_0366.jpg
th_IMG_0368.jpg
見事に成功。
ただ、思ったより設置が面倒だった。
以下、設置方法。

th_IMG_0370.jpg
まず、9Vのコネクタを付ける。
PF変換ケーブルが余分にあるなら、それでもいい。
ただ、このコネクタなら場所を食わない。

th_IMG_0371.jpg
th_IMG_0372.jpg
次にPF変換ケーブルを繋げる。
平行でも直角でも接続できる。
(白いタイルはつっかえ棒、無視して構わない)

th_IMG_0368.jpg
2x3のパネルを使うとぴったりハマった。
いずれ白いパネルと交換予定。

ただ、LEDと一緒に光らせると、9Vライトが暗く見えてしまい、釣り合わなくなる。
以下、暗くする方法。

th_IMG_0373.jpg
やり方は簡単、LEDの前にトランスブラックのプレートをかますだけ。
これで、ギラギラしすぎずいい具合に暗くなる。



こう見ると、普通にLEDライトを入れる方が安いかもしれない。
(何個のライトをどう付けるかによる)
変換ケーブルをたくさん持っている人には有利かと。(自分ww)
ただ、電球色だから、古い電車にも使えること間違いなし。
鉄道車両に及ばす、家とか街とか何でも使えるのではないか。


LEDライト、ライトブリックの次は9Vライト。
9Vライトの新たな可能性をこれから模索していきたい。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

電球色!

電球色の表現に電球使うのは、ある意味究極の贅沢のような(^^;;

  • 2014/09/20(土) 08:45:42 |
  • URL |
  • 薬師山 #qbIq4rIg
  • [ 編集 ]

Re: 電球色!

薬師山さん
> 贅沢
ある意味贅沢ですね。
ただ、現在LEDライトは高いので、ケーブルがたくさんあれば、安く上がりますね。

  • 2014/09/26(金) 12:48:43 |
  • URL |
  • mazta-k(マツタケ所長)  #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maztak.blog.fc2.com/tb.php/120-dedacc4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)