レゴ鉄のBLOG 

Hier steckt Zukunft drin... 

欧州旅行記6日目 ストラスブール Strasbourg (独へ移動)

6日目です。
ストラスブール滞在最終日。
クルージング・大聖堂の塔。
ドイツに戻りハイデルベルクへ。

th_P3281228.jpg


th_P3281229.jpg
th_P3281235.jpg
朝一番にPetit France へ
爽やかな朝だった。

th_P3281237.jpg
クルーズの乗船場所を確認し、大聖堂へ。


th_P3281238.jpg
th_P3281239.jpg
th_P3281240.jpg
展望台の上にさらに塔がある

登るのは結構しんどかった。
そして目が回る(後述)
しかし、上った後の爽快感は説明できない。


レモン水を買っておいて正解だった。
こういうところで水を買うときは、
1~1.5Lのボトルを買って、水筒に入れるとかなり経済的。
さすが本家フランスのVolvicは種類が様々で、
レモン果肉が入っているレモン水がかなりうまかった。
(写真がなくて申し訳ない)
これがいわゆる砂糖水(笑)でない本当のレモン水で、
いわゆる、某社の果汁入りと見せかけて
無果汁のなんちゃってフルーツ系砂糖水(笑)と根本的に違う。
日本にも輸出してくれないだろうか。
(自分で作ればいいか......)


th_P3281242.jpg
th_P3281243.jpg
th_P3281246.jpg
th_P3281247.jpg
市内を一望できる。
さて、これから降りようか。


th_P3281251.jpg
th_P3281252.jpg
ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる...........
後述って言ったやつはこれ。目が回るまわる....

th_P3281254.jpg
th_P3281256.jpg
th_P3281260.jpg
th_P3281261.jpg
th_P3281262.jpg
降りて中へ。さすが立派な礼拝堂。

このあとクルーズ乗り場へ。
教会の周りには乞食っぽい人が多かった。
日本人は特にカモにされそうなので相手にしない方が身のためかもしれない。
観光地ではよくあるが、要注意。

th_P3281263.jpg
th_P3281265.jpg
th_P3281266.jpg
クルージング。
本来なら、ストラスブールに着いてから最初に乗る方が良いような。
船で街を一巡できるため、なんとなく地理感覚が掴めるかと。

残念ながら写真はあまりない。
屋根越しでは綺麗に撮影できなかった。
このへんは実際に乗る方が楽しめる。

なお、日本語音声ガイドあり。
やけにフランス語のrの音を強調していて面白かった。
(日本語で表記できない... )
フランスかぶれのおばちゃんが吹き込んだのかなとww
または日本がめちゃくちゃ美味いフランス人のおばちゃんか。

th_P3281280.jpg
クレベール広場。(Place Klebér)
もうまもなくストラスブールとはおさらば。

th_P3281281.jpg
th_P3281284.jpg

th_P3281287.jpg
th_P3281293.jpg
TGVと遭遇。
右の気動車でドイツに戻る。
これがまた静かな気動車だった。
電気式ってやつか。

このあとアッペンヴァイヤー(Appenweier)で
カールスルーエ中央(Karlsruhe Hbf)ゆきのREに乗車。
そこからS-Bahnでハイデルベルク中央(Heidelberg Hbf)へ。

th_P3291294.jpg
ハイデルベルク到着。

<以下、追記 10/22>

th_P3291299.jpg
ハイデルベルク城がどこにあるか下見。
下から見ると迫力がある。

th_P3291306.jpg
この日の夕食は肉とラドラー(レモネード入りビール)。
シンプルながら美味しかった。
そしてラドラー(Radler)は最高。日本にも輸入してくれマジで。
日本みたいにクソ暑いところだったら、絶対流行るって。

6日目終了

7日目へ
Related Entries

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://maztak.blog.fc2.com/tb.php/127-9a471242
Use trackback on this entry.